希望していないコースを脱毛サロンで契約・クーリングオフは可能?

希望していないコースを脱毛サロンで契約・クーリングオフは可能?

希望していないコースを脱毛サロンで契約・クーリングオフは可能?

 


脱ぎたくなる美肌【脱毛サロン KIREIMO】

 

無料カウンセリングの際には自分でも納得して契約したと思っても、後々よく考えたら他のサロンの方が良かったということもあります。そんな時にクーリングオフは可能なのでしょうか。

 

 

そもそもクーリングオフは、契約が8日以内であれば無条件に契約を解除することの出来るサービスを指します。契約時に料金を支払っても、返済を要求することが可能な安心のサービスです。

 

 

もちろんどんなものにも適用される訳ではありません。適用されるものは、主に訪問販売や電話勧誘販売などと限られています。そのため店舗で洋服を購入して、1週間後にやっぱりいらない物だったと返品する時には適用されません。

 

 

ただ全身脱毛はクーリングオフの対象となっており、8日間であれば契約を解消できるのです。これは全身脱毛が専門的な内容のサービスで、長い期間に渡り勧誘行為が行われやすいという点にあります。

 

 

また大げさな表現で、消費者に間違った判断をさせやすいという部分も理由のひとつです。このような特徴があるため、全身脱毛はクーリングオフができるのです。

 

 

初心者はこの制度について詳しく知らず、本命ではないサロンでサービスを受け続ける人も少なくないので、十分注意しましょう。

 

 

ただクーリングオフは、全てのサービスが対象になるわけではありません。たとえば単発のお試しコースや、一定額以下の金額に対しては適用されないのです。

 

 

詳しい適用条件は契約期間が1か月以上あり、金額が5万円以上の場合になります。また契約してから8日以内というのが条件になるので、気を付けましょう。

 

希望していないコースを脱毛サロンで契約・クーリングオフは可能?

 

では具体的にどのような手続きが必要になるのでしょうか。クーリングオフは口頭ではなく、必ず書面でのやりとりが必要になります。サロンによっては、クーリングオフ用の書面を契約書と一緒に消費者へ渡すところもあります。

 

 

この場合は、その書面に必要事項を記入し、所定の住所に宛てて郵送するだけでいいです。この時注意したいのは、ポストに入れた日にちが契約の8日以内でも、消印が契約の8日以内のものでなければ、クーリングオフは適用されません。

 

 

契約から経過した日にちがとても大切になるので、細心の注意を払いましょう。もしもクーリングオフ用の用紙がない場合は、どんな紙でも良いので、自身で書面を作成しましょう。

 

 

この時表記しなければならないものは、自分がいつ契約をしていくらの料金を支払ったのか、返金をしてもらうための口座情報です。

 

 

また自身の住所や氏名、サロンの会員番号もきちんと表記しましょう。クーリングオフ用の書面が完成したら、こちらも8日以内に郵送すれば契約解除完了になります。

 

 

全身脱毛はクーリングオフの適用対象内です。ただ契約の期間や料金が肝になるものなので、きちんと確認することを忘れないように注意しましょう。

 


脱毛サロンKIREIMO