全身脱毛するなら日焼けはダメなの?UV対策を忘れずに

全身脱毛するなら日焼けはダメなの?UV対策を忘れずに

全身脱毛するなら日焼けはダメなの?UV対策を忘れずに

 


雪肌ドロップ

 

脱毛期間中は日焼けをしてはいけないと良く耳にします。なぜ全身脱毛では日焼けがダメなのかを、見てみましょう。

 

 

そもそも日焼けの原因は紫外線なのは、既に周知の事実でしょう。浴びることにより、角質層が紫外線の侵入を防ごうとバリアを張ります。それでも大量の紫外線は角質層の奥まで入り込み、肌の内部に侵入してしまうのです。

 

 

この時、肌内部のメラノサイトはメラニン色素を作り出し、今度は真皮への侵入を防ごうとします。外出中に直射日光を浴び続けることで、メラノサイトは活発に活動し、やがてそれが色素沈着を起こし日焼けとなるのです。

 

 

この日焼けは長期間続き、その間は全身脱毛の施術を受けることが出来ません。初心者はうっかりその約束を忘れて、肌を焦がしてしまうことがあるので十分注意してください。

 

 

日焼けをした肌では施術を受けることが出来ない理由のひとつに、施術中の痛みがあります。日焼けした肌は皮膚が黒くなるだけではなく、乾燥を招くのです。

 

 

全身脱毛期間中は、肌の潤いを保つことがとても大切になります。また脱毛時の痛みは、機器の照射熱によって引き起こされるようです。日焼けをして熱を帯びた肌にさらに照射熱を与えることにより、痛みは普段よりも強くなってしまいます。

 

 

さらにサロンで使われている脱毛機器は、肌の黒いものに反応して照射しているので、肌全体に対して照射してしまうのです。

 

 

日焼けをしてはいけない理由は、痛みを伴うということだけではありません。日焼けをした肌全体に対して脱毛機器が反応してしまうと、機器の出力は弱くなってしまいます。

 

全身脱毛するなら日焼けはダメなの?UV対策を忘れずに

 

そのためムダ毛に対して、ピンポイントに効果を発揮することができないのです。脱毛効果が半減してしまうと、回数を無駄に使用してしまうことに繋がります。無駄を防止するためにも脱毛期間中は、日焼けをしないことを心掛けるようにしましょう。

 

 

さらに日光を浴びて熱を帯び炎症を起こしている肌は、とてもデリケートな状態になっています。そこにさらに熱を加えると、余計に肌へ負担をかけることになるのです。

 

 

最悪の場合、色素沈着やシミを作り出す原因になるので、日焼けをしての脱毛は良いことがありません。万が一日焼けをしてしまった場合は、各サロンによって対応が変わります。

 

 

基本的には1〜2か月期間を空けて施術をすることになる場合もあるので、まずはスタッフに相談してみましょう。脱毛期間が延びてしまうと余分な料金が発生してしまうこともあるので、脱毛期間中のケアはしっかりと心掛けてください。

 

 

全身脱毛期間中の日焼けは、最悪の場合1〜2か月の間施術ができない場合があります。施術中の痛みやさらなる炎症、脱毛効果の半減などの原因となるので、期間中は日光を浴びる時間をなるべく少なくするなどUV対策も心がけましょう。

 


雪肌ドロップ