お酒好きは注意?脱毛サロンで施術を受ける前後の飲酒について

お酒好きは注意?脱毛サロンで施術を受ける前後の飲酒について

お酒好きは注意?脱毛サロンで施術を受ける前後の飲酒について

 


コロリー

 

最近では全身脱毛サロンに通う女性が増え、全身脱毛は特別なものではなくなってきました。そのため脱毛前後に飲酒をしてしまう人もいるようですが、肌にとって良いことではありません。脱毛前後の飲酒は身体にどのような影響を与えるのでしょうか。

 

 

全身脱毛の施術と飲酒には密接な繋がりがあります。まず飲酒をしてから施術を受けることで、気分が悪くなることがあります。気分が悪くなって、施術中は自分で体勢を変えることができません。

 

 

万が一嘔吐してしまうと、スタッフにも迷惑をかけてしまうでしょう。また酒気帯びやお酒臭い状態で、施術室という狭いスペースに入ることは、隣や次のお客さんの迷惑にもなります。

 

 

大人のマナーとして、施術前の飲酒は控えるようにしましょう。さらに施術前の飲酒は、血行が良くなり肌の表面も火照った状態になります。この状態で脱毛をしてしまうと、光脱毛機の影響でさらに肌に熱がこもりやすくなってしまうのです。

 

 

普段よりもフラッシュが熱く感じてしまい、場合によっては痒みが現れることもあります。施術後もこの痒みは残ってしまうので、掻いてしまうと肌にダメージを与え、トラブルを引き起こしやすくなるでしょう。

 

 

痒みを引き起こしやすくなるのは、施術前の飲酒だけではありません。施術後に飲酒をしても、肌がいつもよりも熱く感じ痒みを感じやすくなります。さらに脱毛後の飲酒は、脱毛効果を低下させてしまう恐れもあるのです。

 

お酒好きは注意?脱毛サロンで施術を受ける前後の飲酒について

 

飲酒をして血行が促進されることで、肌の表面はいつも以上に乾燥してしまいます。脱毛中の肌の乾燥は脱毛効果を低下させてしまうので、1回分の施術が台無しになってしまうと考えられるでしょう。

 

 

サロンでも無料カウンセリングの際などで、飲酒を控えるようにと伝えられます。脱毛効果を無駄にしないためにも、脱毛中の飲酒はなるべく控えるようにするのが賢明です。

 

 

では脱毛前後というのは、どのくらいの事を指すのでしょうか。個人差があるので、具体的に何時間と明記するのは難しいですが、アルコールの分解が早い人は来店数時間前でも肌への影響は無いかもしれません。

 

 

逆にアルコールの分解が遅い人は、1日経ってもまだ影響が残ることもあります。毎日のように飲酒をしている人にとって、施術前日からの禁酒は辛いかもしれませんが、脱毛サロンに通うペースは2〜3か月に1回です。

 

 

肌にダメージを与えないよう、施術前日や翌日の飲酒は控えるようにしましょう。

 

 

全身脱毛前後にお酒を飲むと、肌に熱がこもり痒みを引き起こすことがあります。肌トラブルを避けるためにも、施術前日から翌日の飲酒は控えるように心がけてみてください。

 


コロリー